応援フラッグ」タグのアーカイブ

「えこころのきずな」#01

さて、11月も末、寒暖差の激しい今日この頃…

グッと寒くなって、雪が降ったりしてる関東地方~体調管理に気を使いますね~

さて、今年も絵心の絆で結ばれている東北の皆さんとの交流を直前に控えて、

その前に進めなければいけない「絵心の絆」にまつわるお話しをいろいろと…^^

先ずは、お世話になっている地元地区の会の皆さんからのご依頼もあり、

会に贈る「アニバーサリー・フラッグ」を自宅アトリエで制作!

今月の会には、スケジュールの都合で出席はできませんが、

完成した「フラッグ」にて、私の絵心を通しての元気がみなさんに伝われば幸いです!

…@アトリエ「月君(つきみ)庵」

☆☆☆

さて、続いては11月の保土ケ谷公園での絵心育む月例ワークショップ

11.26「えこころワークショップ」@ギャラリー2Fから…

今回は、レギュラーメンバーに加え、先日園内ピクニック広場で行われたイベント

「森の遊び」で「ペイントメダル」を作った皆さんもご参加いただきました~^^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

っということで、対応できる参加人数を少し超えまして、時間もオーバーしてしまいましたが、

また、みんなに会えて、賑やかで楽しい時間を過ごせて、嬉しい一時でした~^^

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

…このWSは、3.11東日本大震災直後、私たちアーチストが復興のお手伝いが何かできないかな?

と考え、5年前にプロジェクトを立ち上げて、生まれたチャリティー・ワークショップとなります。

参加費の実費を抜いた全てを活動経費として、年に一回、東北の子ども達とのお絵かきによる

直接的な交流を通して、「心のケア」に繋がればと思い継続して行っております。

これからもWSご参加による皆様の温かいご支援をいただけるように頑張りますので、

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

尚、来月12月の第4土曜日は、クリスマスイブで園内との調整が必要となりそうなので、

決まり次第にお知らせをいたします。

えこころプロジェクト実行委員会/森田ヒロ、小川眞理子

☆☆☆

ということで…

WS終了後は、東北活動の準備最終段階です!

みんなと描く大きな画用紙や多大なるご支援をいただいているスポンサーのぺんてる株式会社様からも

WSと支援活動用の画材が届きました~^^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして今回は、宮城県石巻市内の子ども達と “楽描セッション” を予定、

みんなに届ける「応援フラッグ」にもアイロンをかけて準備も万端  👇 ^^

このフラッグは、今年3月に行われた横浜ワールドポーターズ主催のチャリティーイベント

「横浜から東北へ、エールを贈ろう!東北の食・応援チャリティイベント」でご来場いただいた

みなさんと一緒に描いた「笑顔の応援フラッグ」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

チャリティーイベントの詳細は、左側のアーカイブから2016年3月のブログ記事

「3.6 横浜から東北へエールを贈ろう!」を是非、ご覧ください

そして、今回向かう先の石巻市内の3か所の保育所にお贈ります!!

それでは、行ってきま~す^^v

☆☆☆

 

広告

渋芸のシミュレーション#01

この涼しさが、創作意欲を沸かします^^

早朝、スケートボード・エクササイズ~

呼吸を整えて、朝ごはん!

マリちゃん特製の豆腐とタマゴのスープをいただいて、制作の時間♪

先ず何枚か筆ならし…

本日は、開催まで2週間をきった「渋谷芸術祭2012」ワイヤードカフェでのイベントの

色々と実験とシミュレーションをしてみました^^

みんなで楽描した20メートルの布の会期中の飾り方を妄想中! 

創作テーマ「えがとありがと」の答えは、私の頭の中では、こうなりました↓^^

「ONEHEART」

芝生の上に楽描されたハートのパーテーション!

2日目は、☆にして 「HOPE(ホープ)」 希望をメッセージ!

ちっちゃなフィギャー達は、ハロウィンで仮装した面々だったりします^^

夜は、キャンドルを燈してみたいな♪

あとは、これが可能か、渋芸関係者の皆さん、ご検討を宜しくお願いいたします。

・・・・・・・@つきみ庵

ロシア大使館に元気お届け♪

今年7月に起きたロシア南部大洪水で被災した方々に元気を贈りたく、

制作した「応援フラッグ」をロシア大使館にお届けしてきました♪

日本語の話せる担当の方と会い、趣旨を話し、フラッグを見せると

スバラシイ~

と、感動の笑顔と一言を頂きました^^v

現在、被災地では、復旧、復興が進められているそうです。

ベストな方法で被災地に届けるように考えていきたい。

っと、おっしゃってました。

ロシア大使館の皆様、私達の趣旨をご理解いただき、

誠にに有り難うございました。

そして、「応援フラッグ」元気な絵のメッセージを描いていただいた

宮城県石巻市立飯野川保育所の皆さんと子ども達、

キルトのメッセージと縫い合わせ、仕上げていただいた

静岡県立榛原高校 家庭部顧問の島田先生と部員の皆さん、

制作のご協力に、心より感謝を申し上げます。

世界中の自然災害被災地の皆様のご健康をお祈りしております。

☆☆☆

そしてそして…

      まだまだ募集中 ↓↓↓

チラシをクリックすると拡大します^^v

市民活動応募プログラム支援団体に!

3.11以降、ライフワークの一つとして幾度か宮城県石巻市内の避難所や

小学校や保育所などを訪問し、「お絵かきによる心のケアー」と

文化芸術支援のボランティア活動により、子ども達と交流を続けてきました。

今年5月の新しい交流から過去の活動までを高く評価され、

この度の生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ 市民活動応援プログラムの

2012年度の助成を受けられることになりました^^v

私達の活動にご理解をいただきまして、誠にありがとうございました。

日程等は、ただ今調整中!

内容は、↑今年6月に神奈川県立津久井湖城山公園で共演した「うたうたげ」の皆さんと

コラボレーション、「楽描×ちょうちょうのおはなし」のセットを提案中^^

子ども達、家族、所長さんも保母さんもみんなでマリンバの演奏を聴きながら

お絵かきして、その絵を舞台美術の一つにして、“ちょうちょうのおはなし”を楽しむ日♪

できれば、11月中にお伺いしたいな~と思います^^v

お会い出来るのを楽しみにしております。

そのほかの協力団体は、

ぺんてる株式会社様、公益財団法人神奈川県公園協会様、(株)ザイム様、

ポートサイドステーション株式会社様、TAEZ!の皆様、楽描メンバーの皆様、

保土ヶ谷公園ご近隣の皆様、えこころプロジェクト実行委員会の皆様、

温かいご支援に心から感謝を申し上げます。

☆☆☆

色々決まりだし、お彼岸のお墓参りも済んで、制作も開始♪

みんなが解りやすく、簡単に下絵デザインができるように、色々実験中!

これからはどんどん涼しくなり、益々盛んな制作日和 ^^v

・・・・・・・・@つきみ庵

ロシア大洪水被災地「応援フラッグ」…

今年7月にロシア大洪水で被災された皆様、お見舞い申し上げます。

3.11後、ロシアのキルト愛好家の皆様からは、東北の子ども達が暖かい冬を

過せるようにと、(株)パッチワーク通信社さんを通して何百枚ものコンフォートキルトが

届きました。

このご縁もあり繋がったロシアの皆様へ、被災された皆様へ、

ご健康と一日も早い復旧、復興を願い、「応援フラッグ」を制作しました  

サイズは、飾っていただくのに簡単な小さめのサイズ♪

絵のメッセージは、3.11以降、お付き合いさせていただいてる

宮城県石巻市飯野川保育所の皆さんと子ども達が制作。

キルトのメッセージは、「応援フラッグ」制作プロジェクトの

静岡県立榛原高等学校 家庭部顧問の島田倫江先生と

部員の皆様が制作。

みんなの気持ちが一つになった優しさ溢れる「応援フラッグ」は、

ロシアの皆様の心をほっこりと元気にしてくれることでしょう^^v

このフラッグは、ロシア大使館にお届けしようと、連絡を取り続けていました。

先日やっと取り次いでいただき、来週、お届けできる予定です。

飯野川保育所の皆様、榛原高校家庭部の皆様のご協力に感謝を申し上げます。

お贈りしたらお知らせいたします^^v

2012 残暑お見舞い申し上げます。

少し秋めいてきたような感じの日もありますが…

まだまだ暑い日が続きますのでご注意ください!

私は、この夏も色んな表現で皆様と繋がり、とても楽しい時間を過ごしております。

ご理解いただきました皆様に感謝と御礼と残暑お見舞いを申し上げます。

☆☆☆

そして、本日はゆっくりの時間です♪

ライブペイント用の筆たちは、次のライブまで一休み…

キャンバスの下地作りは続きます!

元気に残暑を乗り越えて夏をもう少し楽しみましょう^^v

そのまま、秋まで楽しみましょう!!!

これからも、宜しくお願いいたします。

森田ヒロ、小川眞理子

中国大使館に元気お届け!

先月末に横浜市立間門小学校の約50名の子ども達と制作した

「被災地応援フラッグ」を中国大使館にお届けしてきました。

担当の方に案内されて、中へ…

中国の文化が感じます…

フラッグを広げるとすぐ、「笑顔いいです!」って、

担当者の方も目をキラキラにして喜んでくれました^^v

メッセージが言葉の壁を越えて伝わる瞬間に立ち会えて、幸せです。

この活動の趣旨へ大変深いご理解いただきました

中国大使館の皆様、誠に有り難うございました。

そして、共同制作した「はまっこふれあいスクール」のみなさん、

ご協力どうも有り難うございました。

・・・・・・・・・・@中国大使館

☆☆☆

そして、ロシア大使館にお届けする「被災地応援フラッグ」も

静岡県立榛原高校の家庭部顧問の島田倫江先生と部員さんの皆様から

メッセージキルトが縫い合わされて完成したフラッグが届きました^^

ロシア大使館には、来週中にお届けできればと思います。

「被災地応援フラッグ」制作プロジェクトの大薗先生、

並びに榛原高校家庭部島田先生と部員のみなさん、

お忙しい中、ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。