5.25 東日本大震災被災地文化支援芸術活動

昨年の3.11以降、継続している被災地文化支援芸術活動も4回目になります。

今回は、宮城県石巻市内2ヶ所の保育所に向かい

お絵かきによる心のケアーのお手伝いをしてきました。

先ずは、3度目の訪問となる飯野川保育所の皆さんと2セット

みんなの元気なエネルギーで生まれた、やさしくてたのしいかいじゅう↓

さかさまだけど、アンちゃんとの共作で生まれたチュ~してるかいじゅうね^^↑

そのあと、手作りおままごとキッチンをプレゼント~

元気を分けてくれて、どうも有り難うございました^^v

さて、次のセッションの前に…

道の駅で買い物ね^^

今回は、えこころプロジェクトのメンバーでTAEZの倉橋さんと

アンちゃんがボランティアで参加♪

二人とも頼もしい仲間、強力なサポートどうも有り難うございました^^v

眞理子さんは、3.11津波被害に遭われた伯父一家のお墓参りに行くのでお花を買ってます。

ようやくお墓も出来まして、ご供養できて本当に良かったです。

…さて午後、2ヶ所目のセッションは、飯野川保育所からご紹介いただいた市内二俣保育所のみなさん

これまた、みんなすごいエネルギー!!

5mの画用紙があっという間にみんなの色に染まっていきます。

みんな普段は、きれいに使ってるくれよんも ↑私のセッションの場合、紙をむいて取って、折って使います。

本来のくれよんの持つ画材としての良さが発揮できて、豊かな表現が出来ますよ^^

そして生まれた作品 ↓↓

終始元気な笑顔で、みんなエネルギー爆発な感じでセッションは進みました^^v

今回は、シンプルにクレヨンだけのアートセッション

シンプルなだけにみなさんの「ありがとう」、「げんきだよ」とか感謝の気持ちが

表現としてストレートに伝わり、とても感激いたしました。

それぞれどの作品にも、それが伝わってきます。

絵心で伝える原点を学ばせてくれた石巻の子ども達、保育所皆様、

心より、感謝を申し上げます。

そして、この活動にご協力、ご賛同いただきました皆様、

ぺんてる株式会社様、NLChio様、TAEZ!様、えこころプロジェクトのメンバー皆様、

誠に有り難うございました。

また、この活動は、継続してまいります。

皆様の温かいご支援とご協力をこれからもよろしくお願いいたします。

追伸、

飯野川保育所の所長さん、いつも美味しい地元直産の野菜を有り難うございます。

いただきましたお野菜や果物は、みんなで分けていただきます^^v

また、お会い出来るのを楽しみにしております。

えこころプロジェクト実行委員会一同より

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。