さよならシャッター画

日ノ出町商店街、駅前の呉服屋「橘屋(たちばなや)」さんに2007年に描かせていただいたシャッター画

延び延びだったこの地区の開発も始まるようで、「橘屋」さんも今年度3月で取り壊しが決まったそうです。

この企画は、まちつくりのNPO法人と壁画家のロコさんが中心となり

市内のアーティストが集まり、街を明るく元気にしょう! っという趣旨で行なわれました。

私は、「橘屋」のご主人に下絵をえらく気に入っていただき、シャッター3枚をペイントしました

ご主人から江戸カラーで仕上げて欲しいと要望もあり、渡された着物の色見本帳を参考に

使う色の全てを江戸カラーに調合したのを憶えています。

ここは、駅前で昼間は人通りも激しいので、作業の多くは深夜に行ないました…

制作期間は約半月、初めてのパブリックアートの制作に毎日ウキウキしながら

夢中で取り組んでいたのを思い出します^^

そしてこの作品の下絵は、2点を制作しタブローしました。

1点は、制作中にお世話になった「橘屋」さんのご夫婦のもとへ ↓

↓ もう1点は、昨年の個展「オークション」で落札され、「楽描」メンバーのファミリーのもとへ…

取り壊しを承知で制作したシャッター画…やっぱりなくなるのは、ちょっと寂しい感じ…

それでも、下絵の原画がそれぞれのお宅で皆さんに可愛がられてると思うと、とても幸せです^^

そして、このシャッター画は、約4年間、地域の方々、ここを通る皆様を

明るく照らしたことと、信じてます。

作品「飛べ!日ノ出鳥」 お疲れ様でした^^v 

そして、この作品が無くなる頃に完成が近くなるパブリックアート

保土ヶ谷公園内のプール壁画の制作に全力を注ぎま~す♪

日ノ出町駅前シャッターアートのサイト

広告

japorhythm による 芸術 への投稿 (2012/01/16)

タグ: , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。