11.20 @ 宮城県石巻市立大川小学校

東日本大震災から8ケ月…

被災された皆様へお見舞い申し上げます。

一歩ずつ復興も進む宮城県は石巻市に、3度目の文化支援活動に向いました。

今回は、石巻市立飯野川第一小学校の学習発表会にあわせての「楽描♪アートセッション」

仮登校している大川小学校の1年生の皆さんとの日曜日の特別授業にお呼ばれいたしました。

授業は午前中なので、前日の土曜日に横浜を出発、大雨の東北道をひたすら突っ走り

一先ず、塩釜市内のビジネスホテルに一泊…

日曜日の当日は、気候にも恵まれて、気持ちよく一日がスタート!

何か新しい一歩が始まりそうな、そんな空に見守られて飯野川第一小学校に到着。

大川小1年生4名とお母さんと先生も参加して、特別授業「楽描♪アートセッション」スタート!

テーマは、みんなで決めて、「なんでもあり」にしました。

好きなものを自由に伸び伸び描こう~ ^^

ぺんてるさんの新商品の極太くれよんも描き心地が良いみたいねぇ

ハート、お花、お家、ぶどう、りんご、くまさん、ひよこさん、ハンバーガー? 戦士系ロボット?… ^^

続々生まれるかわいい「楽描」

次は、好きに切って、好きに貼ろう!

あっという間に、3,5メートルの画用紙は、みんなの「楽描」で埋め尽くされ

エネルギー溢れる、明るくて、やさし色合いの楽しい作品が完成!!

共同で制作すると、みんな本当の仲良しになれちゃうね~^^~

これからもず~と、みんな仲良しでいてくださいね~!!

アートセッションの後は、横浜のタカムラさんが手作りした

「四万十川新聞バッグ」にいろいろ詰めての“福袋”と

ぺんてるさんから頂いた画材を

1、2年生にプレゼントさせていただきました。

ご参加の皆様、楽しい一時をどうも有り難うございました。

そしてもう一つのプレゼントは、小学校の皆さんへ…

静岡県立榛原高等学校家庭部の皆さんと横浜の皆さんで

共同制作した「応援フラッグ」(写真右)

早々に、教務主任の先生が飾ってくれました^^↑

そして、体育館で行なわれている、学習発表会を見学させていただきました。

“祭”と書かれた粋な半被をまとった子ども達の笛と太鼓が

震災直後、避難所だった体育館に元気に鳴り響いていました。

皆さんの前向きで元気なお姿が拝見できたことは、何より嬉しいです。

そして、この素晴らしいお時間にご招待していただきました

大川小学校校長先生、先生方並びにPTAの皆様、飯野川第一小学校の皆様、誠に有り難うございました。

そして、午後…

市内飯野川保育所の皆さんにご挨拶に伺い

ロシア、フランス、アメリカの皆さんからの手作りキルトと

大薗先生、生徒さん、保土ヶ谷公園近隣の皆さんからお預かりした

お菓子をお届けに伺いました。

震災の話から、未来の事などなど…

気さくなみなさんと2時間近くお話ししました。

前回、お伺いした時の「楽描」や「応援フラッグ」も飾って皆さんで楽しんでいるそうです ^^

ふと、保育所の屋根を見ると、ソーラーパネルが取り付けてありました↓

…これも、震災から学んだ一つなんですね。

帰りに所長さんから、ご自身の畑で取れた野菜をいただきました^^

どうも有り難うございました。

横浜のみんなで分けて、味わいま~す ^^v

飯野川第一保育所の皆さん、次回のお会い出来るのを楽しみにしております!

・・・・・・・・@宮城県石巻市

今回の活動を通して、初心に帰り、多くのことを勉強できました。

また、深い恐怖と悲しみを受けながらも、前に進んでいる皆様の強い心に

本当に感動いたしました。

お会いできた皆様に、感謝を申し上げます。

これからの復旧、復興と子ども達の素敵な未来を願っております。

そして、この活動に多大なるご支援、ご協力いただきました皆様、

心よりの感謝と御礼を申し上げます。

支援活動は継続してまいりますので、これからも、皆様の温かいご支援の程、宜しくお願いいたします。

≪協力団体≫

パルシステム神奈川ゆめコープ、株式会社パッチワーク通信社、ぺんてる株式会社、

キルトジョイ、キルトハーモニー、静岡県立榛原高等学校家庭部、株式会社ザイム、

保土ヶ谷区初音ヶ丘地区センター、保土ヶ谷公園管理事務所、

「応援フラッグ」制作プロジェクト、メガマウス・プロジェクト、

「えこころプロジェクト」実行委員会、TAEZ!(た・え・ず)、JAPORHYTHM、  

「楽描」メンバーと保土ケ谷公園近隣の皆様、

以上

*無断での写真の転送、掲載は、どうぞご遠慮下さい。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。