「楽描♪アートセッション」とは…   Leave a comment

「楽描(らくがき)」とは、「描く楽しさ」を意味した造語となります。
 
技法や既成概念にとらわれずに自由な発想で “絵を描く楽しさ”
“モノ作りの楽しさ” を親子で体感してもらう 地域交流プログラム
として、森田ヒロが提案し2005年から行なっています。
 
このプログラムでは、現役のアーティストと参加者が共同制作を
行なうことで、美術が生まれる瞬間を生で体感し、
そこから生まれる表現により 大人と子どもが言葉の壁をこえて
手作り、モノ作りの心を伝え合うセッションを行ないます。
 
また、制作現場を一般公開することにより参加者全員で
「ライブペイント」を体感します。
 
そして、制作後には完成作品の展覧会の開催へと、
画家が行なう制作から発表までのプロセスをご家族で
楽しんで体験していただいております。
 
 
【japorhythm(ジャポリズム)「楽描」資料より抜粋】
 
 
広告

japorhythm による 芸術 への投稿 (2010/04/17)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。